保育の遊びに関する情報

保育における遊びを考えるのは大変なんです

保育士の仕事をしておりますが、今の子供たちはゲームばかりでみんなで遊ぼうということをあまり好みません。

ブロック遊びなどは楽しんでくれるのですが、なかなか他のお子様と一緒にということも難しいことが多いですね。

少しずつ覚えていってもらうしかないのは言うまでもないのですが…それを悲観している親も多く、保育所としてもなかなか重要な課題となっているのが現状です。

保育の遊びってたくさんあるのですが、今の子供たちに合わせ見つけなければなりません。

私はネットを使って、サイト内からいろんなネタを参考にして子どもたちに指導をしています。

プロの方々が考えている遊びですから、大人からしたら理解もしやすく、子どもたちに教えやすいのです。

子どもたちが興味を示すかどうかは指導員次第だと最近感じている今日この頃ですが、これからの時代に子どもたちの遊びをいろいろ載せてもらっているというのは、保育関係の先生からしたらとてもありがたい話ではないでしょうかね。

遊びを提供してくれるサイトを見つけ、保育に利用しています

現代の保育所というのは、環境の配慮もあるのか、室内で遊ぶことも多く、ホールなど広い遊び場を持っているような場所であればいいのですが、本当の託児所内だとなかなかグループ遊びをするということも難しい現状があります。

でも、私たちがネットで見ているサイトでは様々な保育の現場における遊びを提供してくれていて、とても助かっています。

集団遊びができたとしても、子どもたちの気を引くにはなかなか大変な部分もあり、その辺がオリジナルでゲームを考えるときの悩みでしたが、サイト内で紹介されているものは、保育の現場の問題点もしっかりとクリアしているようなゲームがたくさんあり、子どもたちも楽しく遊んでくれるのでとてもいいですね。

保育遊びのネタ

「先生!次はこんなゲームしたい!」なんて意欲的な子もいるくらい、紹介されているゲームはうちの保育では大変役に立っているものばかりです。

まだまだたくさんあるみたいですし、どんどんうちの園に取り込んでいきたいなと考えています。